飛ばないドライバー。筋肉がないから?技術がないから?それとも・・・

神戸、芦屋、西宮の姿勢矯正、動作・痛み改善「リラッシオ」の杉山です。

まだまだ過ごしやすい気温が続き、もう少し外でゴルフが楽しめそうですが、このシーズン、来年の春に向けて飛距離アップを目指してみてはいかがでしょう?

「ゴルフはスコアを競うゲーム、だからドライバーの飛距離なんて」という意見もありますが、やっぱりドライバーでドカーンとかっ飛ばすのはゴルフの醍醐味のひとつですよね。

ゴルフの飛距離をのばすには

ゴルフ トレーニング 飛距離 ドライバー スイング

「じゃあ筋トレだろ」、とせっせと頑張った割にスウィングスピードが上がらなかったなんて人も多いのでは?

そして、スウィングスピードは上がったのに飛距離が出ないという人も。

飛距離をアップさせるポイントは、体の各部で生み出したパワーをいかに効率よくボールに伝えるかです。

女子プロは華奢な体の選手でも、それなりのスイングスピードがあります。

それは効率よく体を動かして、そのパワーをクラブに伝えているからです。

「いや、スイングスピードだけなら俺の方が速いし!!」という方もいるでしょうが、女子プロとの違いはボールにジャストミートしているか否か。

ミート率が上がれば同じスウィングスピードでも飛距離が伸びます。

ここまでの話はゴルフを数年やっている方なら常識。それができないからみなさん苦労するんですよね。

 

リバースピボットになる理由

ゴルフ リバースピボット ギッタンバッコン 姿勢

このスウィングスピードとミート率、どちらにも悪影響を及ぼすエラースウィングとして「リバースピボット」と言われるものがあります。いわゆるギッタンバッコンスウィングです。

正しいスウィングでは右打ちの場合、バックスウィングで体を右に捻ると右足に体重が乗って、ダウンスウィングからフォロースルーにかけて左に捻ると左足に体重が乗ってきます。

一方「リバースピボット」では右回旋すると左足に体重が乗り、左回旋すると右足に体重が乗ってしまいます。

これでは体重を乗せた強いボールは打てません。

さらに、軌道が安定しないのでダフッたり、それを嫌がってトップしたりしてミート率が下がります。

解消法をググってみると、グリップだとか、クラブを上げる方向、肘の位置、片足上げる、股関節・・・etc.たくさん出てきます。

でも、「試してみたものの効果がなかった」とか、「いつの間にか戻っていた」とか、最悪「腰を痛めてしまった」という話もよく聞きます。

ではそんな方達は何が原因だったのか?

ポイントは上半身を横から見た時のアライメント(姿勢)です。

上半身の質量中心位置が変わると、回旋したときにどちらの足に荷重するかが変わります。

試しに背骨の位置を色々変えてみてどのように荷重するのか感じてみてください。

ある姿勢をとると荷重する足が逆になるのですが、分かりますか?

そうです、「猫背」でアドレスすると自然に体重の乗り方が逆転するのです。

その状態で足を上げたりして無理やり正常な方に荷重しようとすると、頭ごと動いてしまうか、頭を残そうとすると腰の辺りがものすごくきつくなりませんか?

正しい体重移動でドライバーの飛距離を上げようと思えば、徹底的に「猫背」を直さなければいけません。

そして体を前に倒すとき、股関節から曲げるという動作を習慣にする必要があります。

やっかいなのは普段大丈夫でも、アドレスの時だけ「猫背」になったり、ラウンド後半で疲れてくると「猫背」になる「隠れ猫背」の人。

自覚症状がない人がほとんどです。

一度しっかりチェックしてください。

よくわかんないよ~、っていうあなたはコチラ(info.rilascio@gmail.com)にアドレス姿勢で横から撮影した写真を送ってください。無料で姿勢診断を返信します。

ゴルフ 飛距離 改善 猫背 腰痛

ではいつもの改善エクササイズをひとつ。

修正版「オープンスタンスツイスト」

1.肩幅より広めに足を開き、頭の先からシッポまでを引き伸ばすようにまっすぐ立ちます。

2.手を肩の高さまで横に開きます。真横ではなく約30°前に開くのがコツです。

3.股関節だけを曲げるようにして体を前に傾けます。リバースピボットの人はこれが正しくできないことが多いので、ポイントになる動作です。

4.胸の高さの背骨(胸椎)をひねります。

※腰の高さの背骨(腰椎)は骨の構造上ほとんど捻れないようになっています。腰をひねる意識が強いと腰痛の原因になります。

※腕を持ち上げることで体をひねろうとするのもNGです。腕と体の位置関係は一定にしてください。

5.左右10回繰り返します。 

動画はコチラ